八月二十日(火)

 友人宅で目覚める。モーニングを駅で食べてからとりあえず名古屋港に向かうことにした。最近は港湾という空間が気になっている。名古屋海洋博物館を訪れたのだが、そこではじめて伊勢湾台風の際に、名古屋港に貯蔵していた丸太が台風によって市街地へと向かい多くの被害を生み出したということを知った。都市において木材は循環しているし人を殺めることもある。昨日、堀川沿いを歩いていて木材加工業者の連なりを眼にしていたからなおさら印象深く感じた。

 そこから一気に豊田市へと向かい、地方都市感120%のショッピングモールでスガキヤラーメンを食べた後、尋常じゃない湿度のなか坂を登って豊田市美術館へとたどり着く。Taryn Simonの一連の展示がすごく良かった。人体凍結保存装置の写真を眼にした際に、これもまた冷蔵・冷凍技術が可能にした想像力なんだということに気づいた。こうしたオカルトじみた考え方も20世紀シカゴにおいて生み出された牛肉・豚肉の冷蔵技術の延長線上にあるとさえいえる。丘の上にある美術館は本当に静謐で美しくて夏に来たことを決して忘れられない。

 ホー・ツーニェンの「旅館アポリア」に割けた時間が少なかったのが本当に残念だったが、そのなかで一番印象的だったのは轟音で襖、というより和室全体が振動するという体験であり、これが戦争だ。

 名古屋駅に戻って友人のお父さんが必死にというか半ば狂気じみているほどに勧めていたあんかけスパを予想以上にかなり美味しくいただいて満腹のなか新幹線で帰京した。友人が高校生時代に岐阜に星を見に行った話がとてもよくて何度も反芻した。

 中川

八月十九日(月)

10時頃に起きてシャワーを浴びてから泉屋のパンを買う。クリームパンがなかったので三色パンを買う。紅茶を飲みながら査読修正原稿を完成させて森さんに送った。

昼過ぎに髪切屋に行って刈ってもらう。それから田端駅に出てうどんを食べてから池袋へ。機械工学の棚を見て『ブルックス教授の知能ロボット論』を一瞥したあと、『基礎から学ぶ機械工学』を買った。

そのあとは本郷に出て上島珈琲店でアイスコーヒーを飲みながら『工学の歴史』を読む。そのうちにsくんから連絡が来たので研究室に移動して余暇論セミナー。Rediscovering adult play groupを読む。趣味縁研究の状況は日本も英語圏も変わらないようだ。

セミナー後はネギトロ丼を買ってきて食べ、上野駅まで歩いて帰ってきた。

帰ってから『工学の歴史』を読み終えたら、科学は要素に分けて分析するが、技術・設計は要素をまとめて何かを生みだす全体論であると書いてあった。むかし山内先生が授業で「教育工学は(厳密に因果関係を特定できなくても)全体として教育効果を出せればいい」と言っていたのはこういうことなのかと思う。要素還元を完遂するのを待っていたら何かをつくりだすことはできない、という工学の発想は勉強しがいがある。もちろん要素還元のやり方も大変勉強になる。ねじ、軸受、ギア……数値解析、並進運動と回転運動、回転行列、ベクトル……。Wikipediaを読んでいたら数値解析とは有限時間内に解ける近似解を得るものと書いてあって、工学的に重要なことが納得いくし、回帰もその一種だと書いてあってさらに納得がいった。

杉山

八月十八日(日)

しばらくまた日記をさぼっていた。
節目節目じゃないと意識に上らないのはよくない。

前日のライブで疲れていて、明け方に家についてからもまた五時間くらい寝てしまう。放置していた部屋は湿気で大変なことになっていた。あわてて除湿器を変える。

午後から研究会で、草稿へのコメントを貰う。自信がなかった箇所が多く指摘されて、修正の方向性がハッキリしていたのがよかった。

その後でインタビューデータを読み直し、『質的データ分析法』にしたがってWordでコード付与をする。インタビューはまだまだ拙く、杉山くんに指摘されたイエスノー質問に偏っている箇所を洗い出してみる。その場その場で結論に飛びつきたくなる病だ。他の質問に変えた方がいい所が多く現れる。

あと、自分は相手の言ったことを、抽象的な言葉で言い換えたり整理したりしていた。分析の時にあらためてやればいいのに、日常的な会話の癖だ。

S





八月十七日(土)

 普段ならいい加減東京に戻っている頃合いなのだが、今回は長めに帰省している。家にいてもはかどらないのでせっかくだから高3の従兄弟と出かけることにした。ショッピングモールのシネコンで見た『アルキメデスの大戦』は評判通りの良作で、海軍重鎮のぼんくらに笑ったり田中泯の存在感に息を呑んだりしていた。こういうとき従兄弟とどういう風にどんなことを話せばいいのかいつも戸惑う。高3になる彼がどんなことを考えているのか、うまく想定しながら話すことができない。

 写真屋に途中立ち寄り、現像を依頼していたインスタントカメラのデータを受け取る。中身は中学生の時の修学旅行で、経年劣化した色合いも相まって遠い昔のように思える。これが我々的セピア色の日々ってことかな。

 中川

八月十六日(金)

7時半に起きてsくんと外出する。ぼくは東工大に来た。今日はプレインタビューの結果をエグゼクティブサマリーと図表にまとめる仕事をした。Digital Youth Networkに載っている図が大変参考になるので真似をした。

17時にあがって本屋に行きたい気分だったので丸の内に寄った。ロボコンマガジンの最終号と『工学の歴史』を買う。

帰ってきて査読の回答文を進めて寝た。教育工学的考察は明後日にまわす。明日はサマーボムに行く。

杉山

八月十四日(水)

 記すことが多い。早朝に目覚めて母方の祖父母と墓参りに行く。朝食を食べた後に車を出して父方の家へ。病床の祖父はかなり細くなっており、祖母は寺の「永代供養」新造納骨堂に収まっていた。父から祖母が亡くなる三日前に祖父と話している動画を病院の駐車場で見せられたが、言語不明瞭なのは明らかに祖父のほうだ。どうやらお互いに病気をねぎらって頑張ろうという話のようだが、祖父がその時に祖母の方に唇を突き出し、祖母が「やーね」と照れるところでこの二分ほどの動画は終わっている。まあ感動的と言えば感動的なのかも知れないが、普段の祖父のイメージからはかけ離れていたし、こういう動画を見たら余計に祖母が死んだ実感が薄れたのでどういう感想を持てばいいかわからずただただ当惑した。
 父の実家を訪れ部屋の整理をしてアルバムをみていた。横浜出身の祖母はモデルをしたこともあったということを初めて知った。葬儀会社が設えた彼女の遺影はいかり肩で違和感が残る。

 県立美術館の香月泰男の特別展に赴いて風景画を中心にポストカードを三枚選ぶ。列が折れた躍動感のあるデモの絵が気に入っている。その美術館で中原中也記念館のコンペについての展示を記した図録を偶然手にとった。こういう検証はすごくいい。

 湯田に食事に行ってから散歩した。カラオケは朝には空いていないということがこれほど残念だったことはないよ。シャワーを浴びてから寝ようとしたがなかなか寝付けなかった。明日は台風が来るらしい。とはいえ、生暖かい風が吹く温泉街は浴衣の観光客でそれなりに賑わっていて微塵もそんな雰囲気を感じなかったのだが。

 中川

八月十三日(火)

ガロホステル神戸で目覚める。いるかホステルもそうだけど部屋自体を2段に区切ったタイプの二段ベッドは天井が広くていい。

昨日は歩いてぼくがへとへとになったので10時すぎに遅く支度をはじめて出かける。

新神戸の駅から山をのぼって布引の滝を見に行った。そもそも駅の裏手の川縁が水遊びやバーベキュースポットになっているのも知らなかったし、滝もはじめて見た。滝と山と空の風景が美しかった。「神戸に来てこんなところに来るとは思ってなかった」と彼女が言っていた。

山から下ってきて、お昼を食べに地下鉄に乗って元町に出る。Jam jamに行ってジャズを聴きながらピザやホットドックを食べた。ソファがふかふかなので眠たい。

今日は彼女がへとへとになっていたので夕方に宿に帰って昼寝した。

夜はまた元町に出てきて、旧居留地の建築群を見たり、中華街で食べ歩きをしたりした。角煮バーガーまた食べたい。

杉山